税理士の概要や個人での利用について解説していくサイト

>

企業が税理士に相談する場合と、個人の場合の違いを解説

税理士に企業が相談する場合

企業が税理士に相談をするタイミングとして、もっとも適切であり、そして企業としても一番頼るであろう時期は「起業初期」です。
起業するとなると必ず作らなければいけないのが決算書や確定申告書類ですが、税理士に依頼すればこれらを正確に、しかも早く作成して貰えます。
更に、領収書の計算や会計ソフトへの入力なども税理士へ依頼することができますし、起業初期の資金調達に関するアドバイスや経理会計に関する指導も期待できる上に、起業してある程度経ってからの、今後の経営に関しての定期診断や相談も受け付けてくれます。
また、年に一度の年末調整においても、源泉徴収票の作成や、年末調整に掛かる法定調書の作成も依頼できます。
まさに「企業の相談先」と言われる所以です。

税理士を個人が利用するとき

税理士は「企業」しか相談の対象になっていないのかというと、決してそんなことはなく、個人からの相談もしっかり受け付けてくれます。
特に年収が2000万円を、副業収入が20万円を超えている人や、ローンで家を買ったり、あるいは大家として賃貸の収入がある人、小説家や漫画家などの個人事業主として事業を運営している方など、そうした例に当てはまる方は、適切な確定申告や節税のアドバイスを受けるために、税理士に頼ることが望ましいと言えます。
個人事業主の方からの相談に特化した税理士事務所も多く、良心的な業界団体では、そうした事務所を紹介してくれることもあります。
無料相談もよく行っているので、困ったときは相談してみるのがおすすめです。


この記事をシェアする