税理士の概要や個人での利用について解説していくサイト

税金に関して個人的に悩んでいる人の相談も税理士は可能

税理士についてその概要や個人依頼の方法なども解説するサイト

最初のこの1ページ目においては、「税理士」とは社会や税金におけるどういった役割や意義を持った職業であり、そして、税理士の具体的な仕事の内容や、さらには、「税理士」になるためにはどういった資格が必要で、いち税理士として仕事をするためにはどういったことに気をつけるのかを解説します。

企業が税理士に相談する場合と、個人の場合の違いを解説

2番目のこのページにおいては、「税金」という、この日本に住んでいる上ではどうしても避けて通ることができない(避けたらそれは法律違反になってしまいます)この義務に対して、いち個人として、あるいは、いち企業として、どのように税理士に相談していけばよいのかを解説していきたいと思います。

個人での相談例と節税などの補足情報紹介

最後のこの3ページ目においては、個人が「税理士」に相談するにあたって、どういった相談の事例が存在しているのかについて、その相談のさまざまな例について、スペースが許す限り紹介していきたいと思います。 また、節税の基本知識も紹介していきたいと思います。

税理士とは何か、どうすればなれるのか

このサイトでは、「税理士」という職業の基本知識や情報、なるために必要な資格やなるための進路などといった総合的な情報を紹介すると共に、「税理士」に対して皆様の中にもしかすると存在するかもしれない「企業が頼りにする、税金支払いのアドバイザー」というイメージをもう少し拡張し、「実は個人単位でも依頼することができる」という事実と、企業単位で頼む場合と個人個人で依頼する場合の違いの比較、そして、実際に依頼する場合にはどこに頼めばいいのかという話や、個人や企業でも活用可能な節税に関する豆知識などといった、より実践的な内容まで含めて解説していくことで、皆様が、「税理士」というプロの手も借りた上で、よりアクティブに、よりお得に、税金に向き合える一助となることを目的としています。
税金というものは、この日本社会を生きていく上で、どうしても避けることができないものの一つで、どれだけ社会的立場が高くても、日本国民である以上は支払いの義務があるとされているものです(世界的大企業の社長でも、国会議員でも、内閣総理大臣でも、そして何と皇室の方々も、一部免除されている項目はありますが、実は税金を支払っています)。
むしろ稼げば稼ぐほどに税金は多く徴収され、特段の事情も無く、支払い能力もあるのに故意に支払いを逃れ続けると、脱税として犯罪になってしまいます。
しかし、節税の場合は話が違い、特に収入が高額の芸能人やスポーツ選手、大企業の社長などといった方々は、節税対策のために日々頭を悩ませています。
そんな時に、「適正な納税をサポートする」ための存在が、「税理士」と呼ばれる人たちで、このサイトでは、そうした「税理士」について総合的に解説していきます。